総合

「私が書かなければ」 父と瀬戸内寂聴さんは不倫をしていた(文春オンライン)

 

『あちらにいる鬼』(井上荒野 著)今年、作家生活30周年を迎えた井上荒野さん。最新作『あちらにいる鬼』は戦後文学の旗手と呼ばれた父・井上光晴と母、そして光晴氏と長年、恋愛関係にあった瀬戸内寂聴をモデルに、彼らの三角関係を描いた長編小説だ。「2014年に母…

 

プーラくん
プーラくん
驚いた

 

元の記事を読む

文春オンライン

記事のアイキャッチ画像はイメージです。