経済

福砂屋がカステラで新商品 廃棄の“耳”おいしく活用 食品ロス減&フードバンク支援(西日本新聞)

 

「ビスコチョ」を持つカステラ本家福砂屋の殿村禎三副社長=11月カステラ本家福砂屋(長崎市)の福岡支店が、カステラの生産過程で出る廃棄部分を使って新商品を作り、収益の一部を「フードバンク」の活動支援に寄付する取り組みを始めた。食べられるのに廃棄され…

 

プーラくん
プーラくん
まじすか

 

元の記事を読む

西日本新聞

記事のアイキャッチ画像はイメージです。