経済

渋谷の不動産と東急の未来 悲観論一色ではない理由(J-CASTニュース)

 

東急の株価が2020年3月のコロナショックの後も低空飛行を続け、7月中旬以降は約6年ぶりの安値圏に沈んでいる。新型コロナウイルスが鉄道事業だけでなく、稼ぎ頭の不動産事業の低迷を招くのではないかとの懸念を多くの投資家が持っているためだ。他の私鉄各社より収益…

 

プーラくん
プーラくん
わかりやすかった

 

元の記事を読む

J-CASTニュース

記事のアイキャッチ画像はイメージです。