経済

景気判断を下方修正 10月の機械受注 内閣府(テレ朝news)

 

動画を見る(元記事へ)内閣府は民間企業の景気判断の先行指標とされる10月の機械受注を発表し、景気の判断を下方修正しました。数値の変動が大きい船舶と電力を除いた10月の受注額は8632億円で、前の月より7.6%増加し、2カ月ぶりのプラスとなりました。しかし、判…

 

プーラくん
プーラくん
まじすか

 

元の記事を読む

テレ朝news

記事のアイキャッチ画像はイメージです。