経済

最低賃金1000円の据え置きで分かった、日本経済の「厳しすぎる現実」(現代ビジネス)

 

事実上「据え置き」の妥当性4年にわたり、毎年3%以上引き上げられ、「全国平均1000円以上」(厚生労働省)を目指してきた最低賃金が、ここにきて足踏みしている。Photo by iStock厚労省の諮問機関である「中央最低賃金審議会」が2020年度の地域別最低賃金の引き上げ…

 

プーラくん
プーラくん
ふむふむ・・・

 

元の記事を読む

現代ビジネス

記事のアイキャッチ画像はイメージです。