経済

コンテンツ供給量は過剰気味?動画ストリーミングサービスのマーケティング担当者が注目すべき5つの傾向(@DIME)

 

COVID-19の感染拡大によって、動画コンテンツの視聴時間や視聴デバイス、頻繁にみるようになったジャンルなど何らかの変化があったという人は多いはず。アドビがAdobe Analyticsを使用してOTT(オーバー・ザ・トップ)、デスクトップ、モバイルでオンライン視聴され…

 

プーラくん
プーラくん
ふむふむ・・・

 

元の記事を読む

@DIME

記事のアイキャッチ画像はイメージです。