経済

ANGELOが取引停止 不動産、負債125億円―商工リサーチ(時事.com)

 

東京商工リサーチが11日までに明らかにしたところによると、不動産賃貸のANGELO(大阪市)が2回目の不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は2019年2月期決算時で約125億円。営業は継続中という。時事通信社

 

プーラくん
プーラくん
驚いた

 

元の記事を読む

時事.com

記事のアイキャッチ画像はイメージです。