経済

「妻を業務委託に」給付金200万円を申請した45歳居酒屋店主の手口(PRESIDENT Online)

 

都内で居酒屋を経営する野中啓二さん(仮名・45歳)は、新型コロナウイルス対策の持続化給付金として200万円の受給を申請した。このうち100万円は野中さんの名義だが、残りの100万円は「業務委託」とした妻の名義だという。取材したライターが「限りなくクロと思われ…

 

プーラくん
プーラくん
まじすか

 

元の記事を読む

PRESIDENT Online

記事のアイキャッチ画像はイメージです。