経済

「日本茶」業界の救世主になるかもしれない、鹿児島のスゴい農家(現代ビジネス)

 

全国指折りの生産地、南九州市前回の記事(「日本のお茶」がコロナでピンチ…「茶畑のある風景」が消える日)では、日本の茶産業が苦境に立たされていることを述べた。意外にも進む「お茶離れ」、そしてコロナ禍で生産者人口の減少に拍車がかかった。下がり続ける市場…

 

プーラくん
プーラくん
そうなんだ

 

元の記事を読む

現代ビジネス

記事のアイキャッチ画像はイメージです。