経済

12月の米小売売上高の悪化で市場マインドは変化するのか?(アゴラ)

 

内閣府が14日発表した2018年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比0.3%増だった。年率換算では1.4%増。年率2.6%減だった7~9月期から、2四半期ぶりのプラスとなった(14日付日経新聞)。これは夏の自然災害による…

 

プーラくん
プーラくん
ふむふむ・・・

 

元の記事を読む

アゴラ

記事のアイキャッチ画像はイメージです。