経済

大塚家具、経営危機が最終局面に…1年で店舗3分の1が閉鎖、ヤマダ電機との提携に孕む危険さ(Business Journal)

 

経営再建中の大塚家具が2月15日に発表した2018年12月期の単独決算は、最終的な儲けを示す純損益が32億円の赤字だった。通期での最終赤字は3年連続となる。業績悪化が続く同社だが、出口は見えてこない。売上高は前期比9.0%減の373億円、本業の儲けを示す営業損益は5…

 

プーラくん
プーラくん
へえー!

 

元の記事を読む

Business Journal

記事のアイキャッチ画像はイメージです。