経済

2020年までに1000万人の電子国民獲得を目指す、e-Residencyの現状と課題(Forbes JAPAN)

 

2月22日、e-Residencyのミートアップが渋谷で開催された。e-Residencyチームからは、Head of PRのArnaud Castaignet氏が来日。フランス出身でオランド元大統領のもとでも働いていたという同氏が、e-Residencyの歩み、そしてこれからの構想を語った。e-Residencyによ…

 

プーラくん
プーラくん
ふむふむ・・・

 

元の記事を読む

Forbes JAPAN

記事のアイキャッチ画像はイメージです。