経済

外国人顧客増加に戸惑う地域金融 多言語に対応、資金洗浄対策 収益悪化「負担大きい」(西日本新聞)

 

外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法の4月施行を控え、金融機関が外国人に金融サービスを提供する体制整備を急いでいる。一方でマネーロンダリング(資金洗浄)対策の強化も金融機関の重要課題。外国人の口座を増やしながら不正取引をどう防ぐか、難し…

 

プーラくん
プーラくん
なるほどなるほど

 

元の記事を読む

西日本新聞

記事のアイキャッチ画像はイメージです。