経済

米金利見通しに不透明感残る(FISCO)

 

株式会社フィスコ19−20日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合では、政策金利(FFレートの誘導目標水準)が2.25%−2.50%に据え置かれることが確実視されている。18日の米国債券市場では長期債などの利回り水準はやや上昇しが、全般的に様子見姿勢が強まっ…

 

プーラくん
プーラくん
へえー!

 

元の記事を読む

FISCO

記事のアイキャッチ画像はイメージです。