経済

マツダ米国販売15%減、CX-5 が最量販車に 2019年第1四半期(Response)

 

マツダCX-5もっと画像を見るマツダ(Mazda)の米国法人、北米マツダは4月2日、2019年第1四半期(1~3月)の米国新車販売の結果を発表した。総販売台数は7万0833台。前年同期比は15.7%減と、マイナスに転じている。最量販車となったのは、SUVの『CX-5』だ。第1四半期…

 

プーラくん
プーラくん
おおー!

 

元の記事を読む

Response

記事のアイキャッチ画像はイメージです。