経済

ゆがみ続く「勤労統計」 作成手法変更 公式値、実態反映せず(西日本新聞)

 

厚生労働省の毎月勤労統計で、賃金実態が見えない状況が続いている。5日公表の1月分確報は、現金給与総額(名目賃金)が前年同月比0・6%減と18カ月ぶりにマイナスになったが、1月に調査対象事業所を入れ替えた影響とみられ、公式値より実勢に近いとされる「…

 

プーラくん
プーラくん
わかりやすかった

 

元の記事を読む

西日本新聞

記事のアイキャッチ画像はイメージです。