経済

なぜ日本は経済大国になれたのか(後編)――戦後日本の「ビッグプッシュ型」経済(MONEY PLUS)

 

太平洋戦争が始まる頃には、日本は巨大な戦艦を建造し、高性能の戦闘機を製造できる工業国になっていました。1870年には737ドルだった1人あたりGDPは、1940年には2,874ドルに増加しました。江戸時代の停滞状態から比べれば大躍進です。とはいえ、明治維新から太平洋…

 

プーラくん
プーラくん
おおー!

 

元の記事を読む

MONEY PLUS

記事のアイキャッチ画像はイメージです。