経済

2018年日本の労働生産性、G7(主要先進7カ国)で最下位(マイナビニュース)

 

日本生産性本部は12月19日、「労働生産性の国際比較 2018」を発表した。これによると、OECDデータに基づく2017年の日本の時間当たり労働生産性(就業1時間当たり付加価値)は、47.5ドル(4733円/購買力平価(PPP)換算)。米国(72.0ドル)の3分の2程度の水準に相当し、順位…

 

プーラくん
プーラくん
わかりやすかった

 

元の記事を読む

マイナビニュース

記事のアイキャッチ画像はイメージです。