経済

低金利継続の明示が適当=日銀4月会合の「主な意見」(時事.com)

 

日銀は10日、4月24、25日に開いた金融政策決定会合における「主な意見」を公表した。ある政策委員が「強力な金融緩和継続への信認を強化するため、極めて低い金利水準を維持する期間を具体的に示すのが適当だ」と主張するなど、政策の先行き指針を示す「フォ…

 

プーラくん
プーラくん
まじすか

 

元の記事を読む

時事.com

記事のアイキャッチ画像はイメージです。