経済

家計の保守的な投資行動の転換には投資教育の拡充が必要(ZUU online)

 

日本の家計の金融行動が主要な先進国に比べ保守的であることは、以前より広く指摘されている。日銀によれば、日本では2018年3月時点で家計金融資産に占める現金・預金の割合は52.5%と大半を占めるのに対して、リスク性資産の代表格である株式の割合は10.9%に留まり…

 

プーラくん
プーラくん
わかりやすかった

 

元の記事を読む

ZUU online

記事のアイキャッチ画像はイメージです。