経済

飽和状態のストリーミング市場に乗り込む「後発組」の勝算(Forbes JAPAN)

 

AT&Tは11月末、今年6月に買収したタイム・ワーナーのコンテンツを活用した、ストリーミングサイトを2019年の後半に始動するとアナウンスした。タイム・ワーナーは買収後に企業名を「ワーナーメディア」に改称しており、同社はワーナーブラザーズやHBOなどのコンテン…

 

プーラくん
プーラくん
そうなんだ

 

元の記事を読む

Forbes JAPAN

記事のアイキャッチ画像はイメージです。