経済

資産形成を自動的に最適化するターゲット・デート・ファンドが運用のイメージを変える(モーニングスター)

 

日本の確定拠出年金市場でTDF(ターゲット・デート・ファンド、または、ターゲット・イヤー・ファンド)がジワリと存在感を増している。昨年10月時点では、DC専用ファンドのバランス型に占めるTDFの比率は1.2%以下だったが、現在では1.5%に拡大し…

 

プーラくん
プーラくん
まじすか

 

元の記事を読む

モーニングスター

記事のアイキャッチ画像はイメージです。