経済

年末商戦で不振のティファニー、「20歳の女優」広告起用も敗因?(Forbes JAPAN)

 

米宝飾品大手ティファニーの2018年のホリデーシーズン(11~12月)の売上高は、大きな失望を伴う結果となった。世界全体での売上高が前年同期比で1%減ったほか、既存店売上高は同2%減となった。また、地域別の売上高は、日本で4%増加した以外は全てで減少しており…

 

プーラくん
プーラくん
そうなんだ

 

元の記事を読む

Forbes JAPAN

記事のアイキャッチ画像はイメージです。