芸能・エンタメ

フルトヴェングラーを題材にした問題作『Taking Sides』が開幕(ぴあ映画生活)

 

繰り返し上演されている舞台『ドレッサー』や、アカデミー脚色賞を受賞した映画『戦場のピアニスト』などで知られる劇作家、ロナルド・ハーウッド。“戦争と芸術”をテーマにし続ける彼が1995年に書き、日本でも2度の上演歴のある『Taking Sides』を、翻訳劇に定評のあ…

 

プーラくん
プーラくん
おおー!

 

元の記事を読む

ぴあ映画生活

記事のアイキャッチ画像はイメージです。