ITトレンド

神戸市がスタートアップとの協働で年間5000時間超のリモートワークを推進、5年で4億円超のコスト削減を目指す(TechCrunch)

 

神戸市は8月26日、Honeycome、モンスター・ラボ、ママスクエアのスタートアップ3社と協働し、教育委員会における職員の給与支給業務の効率化の研究結果などを発表した。これまで給与支給業務では、職員が紙の書類を提出し、給与支給部署の担当者が届いた紙書類を1枚1…

 

プーラくん
プーラくん
なるほどなるほど

 

元の記事を読む

TechCrunch

記事のアイキャッチ画像はイメージです。