ITトレンド

東芝、AIで生活習慣改善策提案 来春サービス化へ(時事.com)

 

東芝は15日、健康診断結果などを基に、生活習慣病になるリスクを下げるための改善策を提案する人工知能(AI)を開発したと発表した。生活習慣病を発症する確率や、変えるべき習慣などを提示する。実証実験を経て2021年4月のサービス開始を目指す。時事通信社

 

プーラくん
プーラくん
まじすか

 

元の記事を読む

時事.com

記事のアイキャッチ画像はイメージです。