ITトレンド

新しい汎用型協働ロボット「Blue」 値段は破格の5000ドル(Forbes JAPAN)

 

これまで、ロボットが活躍してきた主なフィールドは製造現場だ。そのため、指定された場所や箇所において、正確かつ高速に反復作業をこなす能力が求められてきた。一方で、未来のロボットには、家庭やオフィスなど社会空間で人間とともに活躍する能力が求められる。…

 

プーラくん
プーラくん
まじすか

 

元の記事を読む

Forbes JAPAN

記事のアイキャッチ画像はイメージです。