ITトレンド

誰でもバイリンガルになれるイヤホン、深セン企業が開発(Forbes JAPAN)

 

中国の深センに本拠を置くスタートアップ「Timekettle」は、リアルタイムの通訳機能を持つワイヤレスイヤホン「WT2」を開発した。このデバイスは、異なる言語を話す2人のユーザーが装着して使用する。Google翻訳をはじめ、話し言葉を通訳してくれるアプリは多数存在…

 

プーラくん
プーラくん
ふむふむ・・・

 

元の記事を読む

Forbes JAPAN

記事のアイキャッチ画像はイメージです。