ITトレンド

先行車両が検知した路上障害情報をリアルタイムで共有、三菱電機とHEREが新システム開発(Response)

 

レーンハザードワーニングシステムでの情報の流れもっと画像を見る三菱電機とHERE社は5月15日、先行車両が検知した路上障害の位置情報をリアルタイムで後続車両へ共有する「レーンハザードワーニングシステム」を開発したと発表した。両社は、センチメートル単位の精…

 

プーラくん
プーラくん
そういうことか

 

元の記事を読む

Response

記事のアイキャッチ画像はイメージです。