ITトレンド

高齢者のほとんどが施設よりも在宅を望む、CherryHomeが$5.2Mを調達してAIによる在宅ケアに挑戦(TechCrunch)

 

高齢者ケアにAIを利用するスタートアップが新たな資金を獲得して、歩き方や行動の変化、そして転倒やぶつかりを検出できるようにしたい、と考えている。言い換えると彼らは、長期的に高齢者の健康をモニタして、変化を予測できるようになりたいのだ。そのスタートア…

 

プーラくん
プーラくん
そうなんだ

 

元の記事を読む

TechCrunch

記事のアイキャッチ画像はイメージです。