ITトレンド

ジングルベルを演奏する3Dプリント製ロボティックアームをケンブリッジ大が開発(Techable)

 

ロボットアームというと、やや大掛かりなモーターなどにつながって動くものが多い。しかしケンブリッジ大学の研究チームが開発したものは、人間の手のように手首で動きをコントロールするというメカニカルなタイプ。なんと、ゆっくりながらジングルベルをキーボード…

 

プーラくん
プーラくん
そういうことか

 

元の記事を読む

Techable

記事のアイキャッチ画像はイメージです。