ITトレンド

リコー、機械学習モデルを26倍高速化できる回路アーキテクチャ開発(マイナビニュース)

 

リコーは12月26日、機械学習において近年注目されている手法であるGradient Boosting Decision Tree(GBDT:勾配ブースティング決定木モデルの学習を高速し、電力効率を上げる回路アーキテクチャを開発したと発表した。この回路アーキテクチャを、FPGA(Field-Progra…

 

プーラくん
プーラくん
驚いた

 

元の記事を読む

マイナビニュース

記事のアイキャッチ画像はイメージです。