ITトレンド

オブジェクトをシンプルな部分的形状の集まりとして捉え、精度の高い3Dモデルを作る(TechCrunch)

 

空間領域構成法(constructive solid geometry, CSG)と呼ばれる技法を使用するシステムによりMITの研究者たちが、オブジェクトを分解してそれら個々の構成要素を3Dモデルで表現することに成功した。いわばそれは、複雑な物体に対するリバースエンジニアリングだ。その…

 

プーラくん
プーラくん
驚いた

 

元の記事を読む

TechCrunch

記事のアイキャッチ画像はイメージです。