スポーツ

広島床田710日ぶりの1軍登板は6回途中4失点(日刊スポーツ)

 

広島対巨人 1回表巨人2死、丸を空振りの三振に仕留める床田(撮影・垰建太)広島床田寛樹投手(24)が710日ぶりとなる1軍登板を5回1/3を4失点で終えた。3回までわずか39球の省エネ投法で巨人打線を無失点に抑える滑り出しも、4回に暗転した。1死から丸を四球で歩か…

 

プーラくん
プーラくん
わかりやすかった

 

元の記事を読む

日刊スポーツ

記事のアイキャッチ画像はイメージです。