スポーツ

日本ハム吉田輝星が捕手動かし投球、精度と伸び意識(日刊スポーツ)

 

ブルペンで投球練習する日本ハム吉田輝星(撮影・山崎純一)日本ハム吉田輝星が直球の精度アップを図る。千葉・鎌ケ谷でブルペン入り。通常の18・44メートルではなく、捕手を約2メートル前に座らせたショートピッチングと、約4メートル後ろに下げたロングピッチング…

 

プーラくん
プーラくん
驚いた

 

元の記事を読む

日刊スポーツ

記事のアイキャッチ画像はイメージです。