スポーツ

星稜コールドで北信越大会出場決める 奥川登板せず(日刊スポーツ)

 

ベンチから戦況を見守る奥川恭伸投手<高校野球春季石川大会:星稜11-1輪島◇準決勝◇4日◇石川県立野球場星稜が6回コールド勝ちで北信越大会出場を決めた。今秋ドラフト候補の奥川恭伸投手(3年)の登板はなかった。初回、岡田大響(ひびき)外野手(3年)の2ランなど…

 

プーラくん
プーラくん
ふむふむ・・・

 

元の記事を読む

日刊スポーツ

記事のアイキャッチ画像はイメージです。